2012年 06月 06日

6/5 最高の天気で最高の渓へ!!

昨日は朝から清々しい天気。
気温も高くなりそうだったので、ついにとっておきの山岳渓流にSOMAさんと行って参りました。

この川に行くには車で山の頂上まで登り、頂上で身支度を整え、そこからは山の中を掻き分けながら
歩きで30分下ると川にたどり着きます。

その下りの30分の内容は、藪あり、絶壁あり、滝ありのかなりハードになっており
川にたどり着く頃には、毎回滝のような汗をかいておりますw

もちろん今回も期待を裏切らず、しっかりと汗をかかしていただきました。
荷物でイッパイのリュックをおろし、川のお水で勢いよく顔洗い、しばし休憩。
川のせせらぎを聞きながら、体の熱が引いていくともう最高。
a0263135_21503620.jpg


しっかりマイナスイオンを吸収したところで、リールとロッドを取り出しいざ勝負!!

期待の第1投。

えっうそ!?

a0263135_21535217.jpg


フライが着水するかしないかというところにダイビングで出てくれました!!
幸先良いスタートに気分をよくし、SOMAさんに先行してもらいました。

すると間も無くSOMAさんにも良型イワナが出てくれました♪
これはもしかすると久々のパラダイスデイかと2人で顔を見合わせ先を急ぐ。

a0263135_2243620.jpg


鉄板ポイントからはモチロン。浅瀬のポイントから意外なポイントまで
ありとあらゆるところからイワナが顔を出してくれました。

a0263135_2264379.jpg


明らかにスレ知らずのイワナ達で、フライをご馳走の様に食べてくれるのは本当に良いですね♪

a0263135_22112654.jpg


新緑の中でフライフィッシングを満喫し、ご機嫌の納竿を迎えたのは14:30。
残念ながらこの川は、良いところばかりではないんですw

帰りは断崖絶壁をひたすら登り(滑落の危険大です!!)10分藪の中をさまよい
ようやく出た山道から丸々1時間ひたすら歩く。

人が入らない分、当然過酷な場所なんですw
満身創痍の状態で車にたどり着いたのは16:15。

本日の釣果26匹 2人合わせれば40オーバーw
そんな2人はオーバーヒートw

まさしく苦あれば楽あり 楽あれば苦ありといった1日でした!!
でもやっぱり釣れる日は最高です♪


a0263135_22271353.jpg

[PR]

by hasq-skt_ff | 2012-06-06 22:33 | 釣行記


<< シャボン玉あそび      小屋作り ④板張り レンガ敷き >>